2005年11月28日

Web広告研究会、企業商品に対する「ブログ書き込み調査」の研究結果

 社団法人日本広告主協会 Web広告研究会は、ネット・プロモーション委員会ブランド・プロモーション研究ワーキンググループが実施した「ブログ書き込み調査」の研究結果を公表した。

 ブログ書き込み調査は、企業が発表した製品がブログでどのように書かれているかを質と量の両面から把握するために行なわれたもの。調査では約100万のブログを対象に、キーワードにより製品名を指定、レッドクルーズが独自開発したパターンパターンマッチングにより抽出を行なってカテゴリ分類と分析が加えられた。

 対象のブログは、「ニュース」「広告」「体験・感想・感動」「日記」の4分類。調査内容は「製品キャンペーンと連動してブログに書かれる内容の質と量の変化」に加え、「新商品とロングラン商品」および「同業種の異なる企業の商品」という観点から、ブログに書かれる内容がどのように異なるかの比較が行なわれた。

 各調査の商品は製品キャンペーンがNECの携帯電話「N901iS」、東芝のDVDレコーダ「W録シリーズ」、サッポロビールの「スリムス」。新商品とロングラン商品は、新商品がキャンペーン対象の商品、ロングラン商品が味の素の「クノールスープ」で、同業種の異なる企業の商品は、ビール業界の「第3のビール」。

 キャンペーン連動による書き込み内容の変化は、発表時はニュースサイトでの掲載記事や広告に関する書き込みが増えるものの、ニュースサイト関連はすぐに下火になり、広告関連も継続性が高いものの徐々に減少していったという。

 一方で、製品についての体験や感動、感想は、キャンペーンや商品の発売時期から増加しはじめ、ロングラン商品になると日常生活の中で言及していく傾向が見られたという。書き込み内容の割合は、新商品は体験・感想・感動型と日記型が全体の50%前後、ロングセラー製品が全体の80%を占めている。なお、同業種の商品では、ほぼすべての商品の50%以上が上記2分類で占められており、新商品などと同じ傾向が見られたという。

 ブログでは製品に対して、ポジティブな意見が多く、体験・感想・感動型では約7割がポジティブな意見だったという。また、商品に対する迷いを書き込んだブログもあり、同研究会では詳細に解説したブログや良質な書き込みのブログを伝える仕組みがあれば、企業およびブロガー、読者にとって有益になるのではないかと指摘。さらに、ターゲット層に十分訴求できていない点もブログから得ることができ、今後のメッセージ作りの参考になるとしている。

 同研究会では仮説として、キャンペーンで獲得したファン層をタイミング良く囲い込み、商品を根付かせたり、盛り上げられることができるのではないかとしている。このほか本調査では、トラックバックやコメントはいずれの場合も少なかった点、アフィリエイトされやすい商品ではアフィリエイトの活用があったという結果が記されている。
posted by 広告の管理 at 18:39| Comment(42) | TrackBack(5) | インターネット広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

マイクロソフト、オンライン新サービスで広告収入を期待【WSJ】

 サンフランシスコ(ウォール・ストリート・ジャーナル)米マイクロソフト(Nasdaq:MSFT)は1日、インターネットを通じた新サービスを発表した。中核製品である基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」と応用ソフト「オフィス」のオンラインサービスを始め、急速に成長しているオンライン広告による収入を得る狙いがある。

 インターネット検索大手グーグル(Nasdaq:GOOG)などは、オンライン広告収入で大幅な成長を遂げている。これに対しマイクロソフトは、企業向けではソフトウエアのライセンス供与で、また個人向けではパソコンにソフトをインストールして販売することで収入を得ており、オンライン広告収入は比較的少ない。あるマイクロソフト幹部によると、オンライン広告の市場規模は、現在の150億ドルから、2015年までには10倍の1500億ドルに拡大する可能性がある。

 同社の新サービスの1つは「オフィス・ライブ」で、コンピューター専門家を抱えることが難しい小規模企業を対象としている。ウェブベースの電子メールとソフトウエアをオンラインで連携させて利用できるようにし、「オフィス」を補完する。

 もう一つの新サービスは、同社のオンラインサービス「MSN」の機能をまとめた「ウィンドウズ・ライブ」。インスタントメッセージの「メッセンジャー」、新たなウェブメールサービスの「カフナ」、ブログサービスの「スペーシズ」などが含まれる。

 これらのサービスは「www.live.com」の個人のホームページで利用でき、オンラインのウイルス対策サービス「ウィンドウズ・ライブ・セーフティー・センター」とリンクしている。

posted by 広告の管理 at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オプト、中国でネット広告・アドウェイズと共同

 インターネット広告のオプトは近く、同業のアドウェイズ(東京・台東、岡村陽久社長)と共同で中国でネット広告事業を始める。オプトが中国でネット広告の配信を検討している企業に営業し、アドウェイズが現地の有力サイトから広告枠を仕入れて広告を掲載する。当面は月間1件以上の受注を目指す。

 オプトが中国で消費財の販売やブランド認知度向上を望む企業から、現地サイトへの広告掲載を請け負う。現地サイトとの実際の契約はアドウェイズが担う。
posted by 広告の管理 at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エキサイトとNTTレゾナント、検索連動型広告新会社設立へ

エキサイト(恵比寿4)とポータルサイト「goo」を運営するNTTレゾナント(千代田区)は11月7日、ディレクトリ型検索エンジンの提供と、検索連動型の広告販売を事業とする合弁会社を設立すると発表した。
社名は未定で、代表取締役にはエキサイト常務取締役の田村博巳氏が就任する。
資本金は7,500万円で、出資比率はエキサイト=66.6%、NTTレゾナントが33.4%。
設立・営業開始は11月中旬を予定している。
新会社では、ディレクトリ型検索エンジンを提供すると共に、検索連動型広告事業を行うもので、ユーザーが検索エンジンを使って「あるキーワードやカテゴリー別」に検索した結果に対して、そのキーワードやカテゴリーに関連の深い広告を表示する。
広告収益は、提供先のサイト運営事業者とシェアし、「エキサイト」「goo」以外のポータルサイト等にも導入を呼び掛ける。
検索連動型広告市場は、2007年にはインターネット広告市場の約23%のシェア(=1,100億円)を占めると考えられている。
posted by 広告の管理 at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「Google Earth」がバージョンアップして一部で広告表示を開始

 米Googleの衛星地図ソフト「Google Earth」がマイナーバージョンアップし、新たに広告表示を開始したことがわかった。

 Google Earthは11月4日にマイナーバージョンアップしたバージョン「3.0.0739」のダウンロードが開始されていたが、変更内容などは表立って公開されていなかった。その後、8日になって変更点が公式に公開され、その中でGoogleによる広告が一部で表示されるようになったことが明らかになった。

 新バージョンで表示される広告は現時点で一部のユーザーしか見ることはなく、Google Earthにおける検索結果やレイヤーの種類によって関連付けられて表示されるという。

 そのほかの改良点としては、有料版として販売されている「Google Earth Plus」でネットワークパフォーマンスが増加したこと、「Google Toolbar」(Internet Explorer版、Firefox版を含む)でGoogle Earthの検索機能が搭載されたことだ。また、Google Earthで表示される吹き出しの画像サイズが正確に表示されるようにバグが修正され、吹き出しの形状にも変更が加えられた。

 Google Earthは、有料版のGoogle Earth Plusと「Google Earth Pro」以外は無料で配布、サービスが提供されているが、ここに広告を表示するようになったことでGoogle Earthのビジネスが大きな転換点に差し掛かっていることがうかがえる。
posted by 広告の管理 at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

メールマガジン

メールマガジンは、電子メールによる新聞・雑誌とも位置づけられ、(基本的に)購読を希望した人のもとに届けられます。
新聞や雑誌、郵便物などにくらべ、コストが低く抑えられることから、多くの企業で広告媒体として利用を試みてきました。
しかし、コストが安く抑えられるということは、大きな経営資源を持たない企業にも障壁が少ないということでもあり、結果としては、差別化がむずかしくなり、広告としての効果が出しにくいという状況が生まれています。
そのため、効果を出すには、多くの人数を対象に、差別化しやすいHTMLメールを発行するメールマガジン・メディアも増えてきており、結果としてコストは以前より大きくなっています。
posted by 広告の管理 at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。